会長あいさつ

和歌山県看護連盟 会長 石橋隆子

平成30年度和歌山県看護連盟総会に於いて会長に推薦頂きました。全会員皆様のご協力を得て役割を果たしてまいります。何卒宜しくおねがいお願いいたします。
さて、今年度役員に選出されました私はじめ所属を持たない役員が多い構成となりました。現看護職の役員、委員の方々からはリアルな現場の情報を頂くことになります。その中でも私は現場をはなれて久しく役員の方々からご意見とご指導にひたすら頼らざるを得ません。会員相互間の情報を密にし、より良いコミュニケーションを図っていきたいと思います。
平成30年度活動計画実現のため第1に連盟会員の増が有ります。さっそく具体的活動としては連盟会員を通じて看護協会員に目的を理解していただく活動が有ります。連盟パンフレット、日本看護連盟ホームページ、当県のホームページの充実を図り連盟通信、アンフィニーその他あらゆる関連情報を持って宣伝活動を行う事が大切と思います。今年度活動計画にも有りますが特に各施設の看護管理者との話し合いの機会をつくることが大切と思います。この活動は支部長を中心に展開することになりますが地区に限らず全員で協力しなければならないと考えています。
日本看護連盟の指導はじめ看護関連団体との交流を得てその情報を全役員で共有する、さらに連盟会員そして看護協会員へと繫げる、この事が組織力の強化拡大の上で重要でより大きな政治力になると思います。具体的には選挙活動が有ります。看護連盟を理解していただく機会とし認識したいと思います。
会員から多くのご意見をお寄せ頂き、元気で楽しい和歌山県看護連盟に向け、どうか会員皆様のご協力をお願い申し上げます。

石橋会長署名