現場の声

海南・海草支部 男性 A様

2019年11月14日  木曜日

看護師は医療安全(事故)と常に向き合いながら多忙な業務の中、一度に色々なことを要求される。その上、その忙しさの中で接遇も求められる。このようなあらゆる責任の中で看護師は働いている。本来看護は患者を看るというものであるが、看護以外の業務を求められるものが多すぎ、物理的にも患者中心の看護が難しくなっているの事実である。そんな中でどの病院でも業務改善を行い本来の看護を行おうと努力はしているが、業務量の多さと人員とは比例していない。制度として抜本的な改革も必要ではないでしょうか。

現場の声をお聞かせください