看護連盟の母体である、社団法人日本看護協会は「質の高い看護の提供」を目的に、会員への教育や福利厚生等支援活動を通じて日本の看護水準の向上を図るため、昭和21年(1946年)設立されました。
しかし、看護職が抱えるさまざまな問題の中には、政治的手段によってしか解決できない問題があります。そのためには、看護職の代表を国政に送り、看護協会の目指す政策や意見を反映させ、解決していかなければなりません。
そのために、看護協会は昭和34年10月、政治団体である日本看護連盟を設立しました。以来今日まで組織代表を国政に送り、法律の制定や改正・労働条件・看護教育の改善などに大きく貢献しています。

看護協会と看護連盟

看護協会と看護連盟は役割を分担しながら 協同して活動し、問題解決をはかります。

和歌山県看護連盟とは

和歌山県看護連盟は、「ベッドサイドから政治を変える」のスローガンのもと、「確かな政策力、強力な集票力を持つ組織をつくる」ことを目標に、県民の健康増進に努め、安全で安心の医療・看護が提供できるようにするため、看護職の働く環境の整備と和歌山県看護協会と共に看護政策を提言し、それを政治の力で実現することが活動の目的です。

和歌山県看護連盟の役割

  • 支部の総括・調整・支援
  • 地方議員の擁立
  • 看護議連との連携
  • 都道府県看護協会、他団体との連携
  • 県主催の研修
  • 政治資金収支報告書の作成・提出