幹事・監事あいさつ

幹事あいさつ

幹事 王野祥子

みなさま、こんにちは。
平素より看護連盟紀北支部活動にご理解とご支援をいただき、ありがとうございます。
今年は、診療報酬・介護報酬同時改定があり、見直しや新しい取組みの実践をされておられることでしょう。
私たち看護職は、現場を良くご理解いただけている医療政策に精通した看護職代表議員の政治力によって制度や働く環境が守られています。
政策実現につなげていくためにも、一人でも多くの看護職の方にご入会いただき、組織拡大と強化でより一層、あこがれの看護ができる組織にしましょう。
今後も、皆さまのご協力を得ながら前進できればと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

幹事 王野祥子

幹事あいさつ

幹事 灘井京子

那賀地区支部長を担当させて頂いて2年目を迎えることになりました。
役員の体制も変わり新しいスタートです。和歌山県看護連盟の総会を7月に終えて、第一回目の会議が8月3日にありました。心機一転来年度の参議院戦に向けて会員数を増やさなければ、と言う声が自然に出ました。石橋新会長は、県下各地の病院、施設を回りつつあります。力強く頼もしく思っております。私達も頑張らなくては、という思いにさせて頂いています。那賀地区も会員増に努め頑張らなくては! と考えており、皆様方のお力添え、どうぞよろしくお願い申しあげます。

幹事 灘井京子

幹事あいさつ

幹事 福壽 和美

引き続き和歌山第1支部を担当させて頂くことになりました。
看護連盟の総会に出席し、支部活動に参加することで政治と連盟活動の重要性を実感しています。
「ベッドサイドから政治を変える」というスローガンのもと、微力ではありますがより多くの皆様に分かりやすくお伝えし会員を増やしていきたいです。
看護連盟活動を通して看護政策の必要性、看護職がやりがいと生きがいをもって働ける未来を信じて、会員の方々の声を大事に活動していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

幹事 福壽 和美

幹事あいさつ

幹事 田村キク代

この度、和歌山第2支部 支部長と言う大役を受けてしまいました。
私は、34年間勤めた日本赤十字社和歌山医療センターを、早期退職しましたので、もはや退職後18年の月日が流れています。
現役のころから連盟の役員になり、退職後も約5年間は、本部の総会へも参加し、県下の大勢の方々とお知り合いになりました。
最近は、地域の各種団体に所属する傍ら農業中心の生活をしていますので、個人会員として外部から第2支部の会員の方々と、どのように関って行けば良いか不安な気持ちでいっぱいです。
幸い役員の方々はとても優しそうですので、皆様に支えて頂き頑張りたいと思っています。

幹事 田村キク代

幹事あいさつ

幹事 岡﨑一喜

看護政策及び看護連盟活動の本質を理解し、多くの看護職の皆様に看護連盟活動の必要性や意義、政治力の必要性を伝えていけたらと思います。また、看護連盟の活動を通して、私達の働く労働環境をより良く改善し、看護職一人一人が働きやすくやりがいをもって看護ができるそんな看護業界にするために、一人でも多くの方に会員になっていただくように頑張りますので御協力の程、宜しくお願い致します。

幹事 岡﨑一喜

幹事あいさつ

幹事 丸山重人

平素は連盟の活動にご理解いただき、ありがとうございます。
有田支部としましても、我々の日頃の看護の問題点、現場の声をしっかり伝え、和歌山県における看護政策を実現させるため、会員を一人でも多く増やし、組織力の強化を図ることを最大の目標にしています。
そのためには、すべての会員の皆様に、連盟の役割、必要性を理解いただくことが今後の課題であります。
どうか今後ともご協力よろしくお願いいたします。

幹事 丸山重人

幹事あいさつ

幹事 大川和代

日頃から連盟活動にご協力いただき感謝申し上げます。私自身は、日高支部長の任命を受け3年目になります。連盟活動の目標としましては、「顔の見える関係づくり」であり、それを実現させるために支部研修を年2回開催しております。微力ではありますが、年々会員数の増加となっております。これは、看護部長はじめ施設連絡員、青年部の協力があるからこそです。現状の会員数に満足することなく、若い看護師が現場で働きやすい環境を整えるためにも、現場の声を集め、国会に届けられるように努力していきたいと思います。これからもよろしくお願い致します。

幹事 大川和代

幹事あいさつ

幹事 澤越純子

今期新任ではありますが、日高支部・紀南支部長を経て3期目として紀南支部長を務めさせていただくことになりました。仕事は定年退職し活動時間が確保しやすくなりました。現職時代には多くの方々にお世話になった分、今後の連盟活動をとおして看護職の労働環境をより良く改善出来るよう微力ではありますが努力したいと思っております。
紀南支部の現状は田辺~新宮までと範囲が広く、会員が所属する施設は6施設で会員数はわずか30名、県下では弱小支部であります。この難問を早急に解決し来年行われる参議院議員選挙に「石田昌宏氏」を高得票で、看護職の代表として国会に再度送る事が、看護問題の解決に向けて法律の制定・改正、労働条件・看護職の教育の改革等に必ず結び付くと信じ活動を行っていきますので支部の皆様のご協力をお願いする次第です。まずは、支部の研修会や施設訪問などで顔の見える関係を作り、支部が一丸となる事をめざします。

幹事 澤越純子

監事あいさつ

監事 川村 健太

監事として3年目を迎えました。「ベッドサイドから政治を変える」を念頭に活動していきます。
また、長い間青年部部長としても活動させていただきました。これからは様々な活動を通じて新青年部をサポートしていきながら、若手看護師の気持ちを政治の場に届けることが出来るようにがんばっていきます。

監事 川村 健太

監事あいさつ

監事 亀井美都子

この度、監事をさせていただくことになりました。
連盟の活動については、初めての事が多く勉強させていただくことばかりです。
また不慣れな為に役員の皆様にはご迷惑をおかけしています。
これからは、会員の皆様に現場で働く看護職の労働環境の改善の為、政治に関心を持ってもらい、連盟活動の大切さを分かっていただけるよう、微力ながら頑張っていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

監事 亀井美都子