会長日誌

9月 初秋

2019年10月2日  水曜日

9月を迎えて選挙活動も一段落し少し気候も落ち着いてほしいところですが連日のように暑い日が続いています。皆様体調を崩されていませんか。

和歌山県看護連盟として9月は次のような活動がありました。一般社団法人和歌山県介護福祉士会の井端智子さんと面談させて頂きました。連盟からは上田副会長、川村青年部運営委員長も同席し情報交換をしました。介護現場の問題から組織力を育て働く職場環境改善のための努力について等を話会いました。介護職としての行事、連盟活動特に青年部の行事との連携が取れるところで協力出来たらと提案しました。

今月は近畿ブロック会議臨時会長会が開催されました。会場の大阪府看護連盟が新しい事務所になりました。これまでの看護協会会館ナーシングアートから引っ越しされ次の住所になりました。

大阪市東成区中道3丁目15-16 毎日東ビル302

TEL (06)4308-5215

FAX    (06)4308-5216

環状線玉造駅から歩いて5分のとても便利なところです。

議題の主な事項は中央役員会報告の中から 連盟創立60周年に関してまた来月計画の近畿ブロック看護管理者政策セミナーについて 来年度総会におけるスローガンの検討などでした。長く続いてきた「ベットサイドから政治を変える!」連盟のスローガンについて時代の変化に応じたものに変えることを提案されました。皆様いかがでしょうか? 来年の総会に向けて募集があると思います。皆様のご意見をお寄せください。

今月の役員・委員会員合同会議では全連盟会員対象の意識調査実施や「現場の声」募集特に良い解決事例があればとの内容でした。結果が楽しみです。全国まとめが出る事でしょう連盟会員としての自覚が問われます。

また、今年度第1回目の看護協会看護連盟の合同研修がありました。日本看護協会専務理事の勝又浜子氏で「日本看護協会の取り組みと看護連盟との連携」でした。現場で起こるいろいろな問題の解決策として協会の重点事業があり、事業の実現のための政治力につなげる働きをする連盟活動つまりは政界に代表を送ること。その代表議員が看護問題の解決を政策決定の場で進展させられるように、日々の看護連盟の政治活動があり、そして選挙活動に繋がるお話でした。連盟会長として大切な連盟活動を日頃支えて頂いている支部長その他連盟役員の活動に各職場の看護管理者の皆様にご協力をお願いします。

今回統一選挙活動を通じて日頃の政治活動の大切さを知り、連盟の活動を出来るだけ多く皆様にお知らせしご協力を頂かなければとの思いを強くしました。

定例の近畿ブロック会議も開催され新しい大阪府看護連盟事務所に各県3役員が出席しました。

ここでは青年部ブロック会議開催に関して議論がありました。連盟として青年部に期待するところです。臨時会長会の内容でもう一度検討しました。いろいろと皆様のご意見を頂かなければなりません。ご協力お願いいたします。

 

石田まさひろ参議院議員をお迎えして

2019年8月30日  金曜日

8月27日(火)白浜空港に石田議員をお迎えし、雨を心配していましたがほとんど曇り天気で傘をさすこともなく予定どうりの施設にお伺いをしました。白浜はまゆう病院では看護部長さんをはじめ職員の方々に直接選挙のお礼を述べ、さらに日頃の連盟活動にご協力をお願い致しました。会議室からの白良浜を見渡せる素晴らしい景色に感激、ここで働く職員と入院患者にとても力になっているのでは?などと考えてしまいました。

続いて国立病院機構 南和歌山医療センターへ伺いました。看護部長、副看護部長両氏と面談させていただきました。病院の現状も詳しくお話頂き石田議員の議員活動につなげていただけますでしょう。

その後、紀南病院にお伺いしました。ここでも多くの職員さんが集まっていただき石田議員からのお礼と現場の問題を聞き、議員との握手で議員に対する近親感をもっていただけたと思います。さらに同じ系列の紀南看護専門学校に伺いました。やはり教員数不足を話され、教育カリキュラム変更についても議員の考え等短い時間でしたが話し合う機会になりました。学校玄関では数人の学生とも議員が握手して国家試験に向けて激励していただきました。最後に県看護協会で会長様はじめ連盟役員も集まっていただきました。協会会長からは全国教育学会の成功をお話しいただきました。

今回身近に議員とお話しできる機会を作っていただき感謝です。現在紀南地区は広範囲ながら会員が少ないところです。より活発な連盟活動で看護の職場改善が出来る環境作りをしていきたいと考えています。計画していただいた紀南支部長はじめ先導役をかっていただいた青年部、広報部、協力頂いた紀南・紀中地区連盟会員の皆様有難うございました。

石田まさひろ参議院議員来県

2019年8月22日  木曜日

まだまだ猛暑が続いていますが皆さまお元気でしょうか?

先に石田まさひろ参議院議員来県についてお知らせしていましたが、行程表が決まりました。

8月27日(火)11時40分 南紀白浜空港(和歌山県西牟婁郡白浜町才野)

13時    白浜はまゆう病院(和歌山県西牟婁郡白浜町1447)

14時    国立病院機構

南和歌山医療センター (田辺市たきない町27-1)

14時30分 社会保険紀南病院(田辺市新庄町46-70)

15時    紀南病院看護学校(田辺市湊663

15時30分 和歌山へ移動

17時    和歌山県看護協会(海南市南赤坂17)

18時    和歌山県看護連盟事務所(和歌山市太田4-11-18

リベラルパレス太田501

以上の予定が決まりました。是非、石田議員と直接お会いしてください。

皆様、お待ちしています。

そして、常に「現場の声」にかかわらず連盟にご意見頂けたら嬉しいです。

第2回県役員・委員会委員合同会議を終えて

2019年8月6日  火曜日

皆様、猛暑の日が続いていますがお変わりありませんか?こんな暑い中8月2日(金)、会議に出席いただき選挙結果を互いに喜び会いました。引き続き反省を行いました。メンバーから多くの意見を頂き今後に生かすことが出来ます。しかし、選挙、間もなくいろな計画が目白押しです。まずは8月27日(火)石田まさひろ議員が礼のために来県されます。県内くまなく回っていただきたいのですが今回は、半日ということで紀南支部、田辺地区の施設を訪問していただきたいと計画いたしました。最後は県看護協会によることを希望されています。是非、石田まさひろ議員との面会を希望される方はご一報ください。詳しい行程表をお知らせします。その時間と場所にお越しいただきたいと思います。

今年も日本看護連盟主催の県別会議が11月22日(金)に和歌山県は昨年と同じ橘ビルにて開催されます。このための現場の声のアンケート、全看護連盟会員の意識調査、これもた各支部長さんたちの協力なし無しにはできない事ばかりです。本当に支部長さんには感謝の一言です。有難うございます。

私の理想「楽しい連盟活動」の実現には会長職としてどのように運営すればよいのか中身のない頭を常に使っているつもりですが・・・・。

皆さんのご意見を聞かせて下さい。

 

第25回参議院議員選挙を終えて

2019年8月5日  月曜日

7月25日投票日当日,願ってもないお天気なり、雨なく曇り空、カンカン照りの続いていた暑い日でもなくこれで投票率が上がるのではないか?と期待しましたが・・・・・。結果はまづまづ、石田議員の当選を実現することが出来ました。近畿ブロックにおいても出身?兵庫、大阪、京都、滋賀、和歌山も前回たかがい選挙よりも伸ばすことが出来、評価していただきました。特に2県が全国のトップ10に入り、まずは、一安心、続いて反省会を持ち今後の選挙活動に生かすための資料を残さなければなりません。それにしても支部長さんの役割の大変さがいつも感じ感謝していますがまたしてもこの選挙活動で頭の下がる思いを待ちました。言い換えれば連盟会員への働きかけは支部長さんがカギを握っていること、そして、日頃の人々とのつながりが選挙には欠かせないことを先輩会員から教えて頂きました。和歌山県については早くから石田議員応援の担当県会議員さんに協力を働きかけました。その結果石田議員の乗らない街宣車についても演説をして頂きアピールできました。また、青年部の皆様の協力がなによりでスムースに予定を終えることが出来ました。反省としては施設の連絡委員(以前施設リーダー調査を行いましたが・・・)

との連携がうまく機能していなかったのでは?また代表者の方達に日頃からの働きかけと連絡委員の方々との連携体制に反省点があるのではないか?現在支部組織が支部長一人に何もかもお願いしていることに問題があるのではないか?等、皆様のご意見をお聞きしなければならないとの思いがしています。

過去の「れんめい和歌山」を紐解いてみると見藤 隆子連盟会長のころから期日前投票で全員投票をしようの記事が上がっています。会員一人一人が期日前投票の意味を理解し、会員一人が2人以上の仲間に投票を依頼出来たら全国30万、和歌山5000も夢ではなったのではないかとの反省しきりです。日常、会議だけでなくその他の機会を通して県役員・幹事が会員一人ひとりと、もっと密に意見交換できる方法を考えたいと思います。ご意見お寄せください。お願いします。

 

 

 

 

総会後第1回役員・委員会委員合同会議を終えて

2019年7月30日  火曜日

2019年総会を終えて役員・委員会委員合同会議を開催しました。

新しく和歌山第2支部長中尾さんと西副支部長さんをお迎えし開催することが出来ました。紀南からは佃さんと那賀からは後藤さんがオブサーバーとして出席してくれました。

総会の反省と今年度の計画から次年度にに向けての参考意見を頂いた。総会要綱作成についても肝心の新米会長のもと要領がわからないまま支部長さんたちには多くのご迷惑とご苦労をおかけしてしまいました。気を取り直して目の前の25回参議院選挙に取り組まなければなりません。三役の方々にはそれぞれ役割をもっていただきました。会員一人一人目標に向け悔いのないようにそれぞれ頑張りましょう。

和歌山県看護連盟総会を終えて

2019年7月1日  月曜日

2019年度(令和元年)の総会を迎えるために総会要綱検討委員会を立ち上げ3月18日第1回会議を持ちました。要綱の型式のみにかかわらず会員の皆様に連盟活動がわかりやすく伝えられる要綱となるように検討を重ねてきました。まだまだ幹事会で検討していただく項目を残していますが3役員の了解で何とか形に仕上げ印刷に回したのが日本看護連盟に出席した日、留守をして頂いていた事務の大谷さんに印刷会社との連絡をして頂きました。何かと細かい変更や訂正が多く出ましたが沢山の学びがありました。総会当日についてはれぞれの役割を決定し細部にわたり意思統一を図りました。細かい反省点は幾つかありましたが大きな事故もなく終了することが出来ました。来賓者13名の中で石田真敏総務大臣が出席して頂き警備に関する打ち合わせを経験しました。会員276名 役員23名合計312名で盛会に終えることが出来ました。これも支部長、会員一人一人のご協力があっての事と感謝し、皆様と喜びたいと思います。有難うございました。

さて、あとは連盟最大の課題が迫っています。参議院選挙について1年前から準備しているところです。公示日も決まりました。目標の5000を念頭に各支部長さんが昼夜通して努力しているところです。親会員との連携がいかにうまく行くがが問われます。そして、和歌山県看護連盟の評価が出ます。7月21日の結果が待たれますが、その前にもうひと頑張りで目標に近づける努力をお願いします。私自身も精一杯頑張ります。

日本看護連盟総会に参加して

2019年6月21日  金曜日

本部総会に参加させていただきました。前日会場入り近畿ブロックの会長さんたちと夕食を兼ねて選挙に関した内容で話し合いをしました。担当の長沢幹事 尾形幹事から説明を聞き、特に兵庫県春江会長会長さんの今回のご苦労には同情し頑張っていただきたい事と協力できることがあればとの思いになりました。振り返って当和歌山県のこれからの活動について考えると、しなければならない事が頭の中を駆け回っています。

総会では草間会長の挨拶で「数は力」「質が力(自律・成熟した会員の力)」と題してこれからの看護職としての働きについて示唆がありました。特に看護協会の総会でも感じたところですが看護師・保健師・助産師の三職能が連携して働くことの大切さを強調されました。また、Nursinngu Now(看護の力で健康な社会を!!)を強調されました。そして、第25回参議院選挙に向け、会員の力を結集してまいりましょうと結ばれました。多くの来賓者を迎え祝辞を頂き、新名誉会員の紹介に引き続き、議長による報告事項がスムーズに経過し、退任役員と新任役員の紹介がありました。現草間朋子会長に代わって「フリージアナースの会」会長大島敏子新会長さんに、そして草間朋子氏は顧問に就任していただきました。総会後石田まさひろ議員の決起集会があり大勢の自民党国会議員がご参加くださいました。兎に角、目の前の選挙活動に力を発揮しましょう。みんなで喜び合える日のために!

 

日本看護協会総会に出席しました。

2019年6月11日  火曜日

いよいよ7月が目の前です。心の準備と頭の整理が出来かねています。皆様のご協力で何とか県総会の準備が整いつつあります。やっと総会要綱の本刷りにこぎつけました。有難うございます。皆様に感謝です。 こんな中、日本看護協会の総会に行かせていただきました。日本看護協会の基本理念、福井協会長の挨拶「看護の力で健康な社会を」Nursinng Nowに始まって、活動報告や事業計画等について説明と討議がありました。今回の総会は職能集会も一堂に会し、まさに包括で同会場で各職能の活動を聴くことができました。広い情報を得るとともに、看護行政に関しても知識を深めることができました。この情報と知識を連盟会員として、今後の連盟活動、会員獲得に生かせると感じました。医療関係機関との連携の上、進められている全世帯型地域包括システム、地域共生システムモデル事業等について等も勉強不足を感じる2日間でした。特に会場からの質問では現場の具体的問題が取り上げられ、それに対する協会の重点事業との関連回答から連盟の役割を再認識する機会になりました。総会終了後、石田議員応援の為清水加代子訪問看護財団理事長より挨拶がありました。会場から大きな拍手が起こり、仲間の強い力を感じました。

さて、日本看護連盟総会6月14日、県看護協会総会6月22日、県看護連盟総会6月23日、と続きいよいよ7月4日を迎えることになります。それまでの活動とその後の作業、そして迎えられる喜びの日のためにともに頑張りましょう。

5月合同会議を終えて

2019年5月15日  水曜日

会員の皆様

今年の天候は全く予想ができません。夏日かと思えば一か月も戻る等、ここ和歌山県においても朝夕や地域でなかなか予想が難しい毎日が続いています。報道では北海道の乱高下には驚かされます。

さて、地方選挙が終わり、いよいよ私たち看護職の代表石田まさひろ参議院議員の選挙が迫ってまいりました。支部長さんはじめ役員一同、日夜奮闘しています。具体的には後援会名簿集めに拍車をかけ、次はその人々に投票行動へとにつないでいただくために親会員と子会員との連携をとっていただく、石田まさひろ議員の高位当選の日まで頑張りましょう。和歌山の地方選挙では投票率が43%位でした。看護職だけでも必ず投票に行き権利を行使して意思を示しましょうましょう。

私としてもできるだけ施設訪問を実施して皆様にお目にかかり協力お願いしたいと考えています。

国会議員はじめ地方議員の方々にも石田まさひろ議員の後援会入会をお願いしています。

あと、残すところ2カ月余りです。一緒に頑張りましょう。

1 / 212