会長日誌

新年に想う

2020年1月8日  水曜日

新年あけましておめでとうございます。

会員の皆様には、お健やかに新年をお迎えの事と存じます。

昨年は看護連盟にとって、本来の役割を発揮し活発に活動した一年でした。

そして、看護協会と看護連盟の協働の重要性をあらゆるところで実感した年でもありました。うれしいニュースとして昨年十一月には日本看護協会の役員と日本連盟大島会長らが全世代型社会保障改革担当大臣を表敬訪問し、看護職の役割拡大の重要性を説明し、ナースプラクティショナー(仮称)制度の創設を訴えました。

また、看護協会として厚生省保険局宛に2020年度の診療報酬改定に関する要望書を提出しています。働き方改革に伴い必要な看護職の確保が可能となる入院基本料の引き上げ、看護補助者の配置に関する評価の引き上げ、「重症度、医療・看護必要度」のB項目の測定方法の変更及び記録の負担軽減について等、要望しています

これらの要望を実現につなげるために国会議員の働きで法制化され財政処置(予算化)が実現するように私達看護職としての働きが問われます。特に看護連盟会員としての日常自律した政治活動が問われます。

私たち看護職の代表、高階恵美子参議院議員、石田まさひろ参議院議員、あべ俊子衆議院議員、木村弥生衆議院議員に現場の声を届けましょう!

昨年、「現場の声」を聞かせて頂くために施設訪問をさせて頂きました。どちらの施設においても「もっと本来の看護を出来るようになりたい」との要望が聞かれました。職場環境を改善し、安心して働き続けられるよう頑張りましょう。

NursingNowキャンペーン、そしてSDGsに基づく看護協会の獲得目標も決まりました。一人一人の行動が問われてきます。

誇りをもって働き続け、そして共に案して老後を迎えられる日が来るように日々を過ごしたいものです。

今後も和歌山県看護協会と看護連盟の活動にご協力お願いします。

この会長日誌に関するご意見

看護連盟機関紙に思う

2019年12月9日  月曜日

落ち葉の季節となり夜風が身に染みる季節となりました。看護連盟活動にご理解とご協力を頂き感謝いたします。今年度も残すところあと少しとなりました。最近は新しい会員様に受けて頂く基礎研修の出番がなく寂しい思いをしていますがもう来年度の加入案内をお送りする季節となりました。一人でも多くの仲間が加わっていただけるよう役員一同努力していますが、尚一層皆様のご協力をお願いいたします。職場で連盟未加入の看護協会員の方に連盟の働きを説明してください。

さて、11月28・29日と全国連盟会長会が開催されました。7月の25回参議院選挙の総括に関して今後の取り組みが話し合われました。緊急提案として「看護連盟における会員確保の取り組みに向けて」が出され、方法として11の方法が示されました。これについて今後は役員・委員会委員合同会議で検討しなければなりません。

さて、日本看護連盟ホームページの会長マンスリーから多くの学びを得ています。今年8月以降会長職をお受けいただいている大島敏子会長の大変な活動の様子が窺えます。連盟の役割である看護協会の重点目標達成に仲間を増やし、力強い看護連盟になるには、どのような働きが必要かを得るために機関紙からの情報が重要であると思います。特に機関紙アンフィニについて大島会長は感想を期待しています。大いに意見を発信したいものです。この会長日誌や県の機関紙「れんめい和歌山」に対しても皆様からのご意見をお聞かせください。宜しくお願い致します。沢山の事があったこの一年でしたが会員の皆様のおかげで何とか過ごさせて頂きました。有難うございました。来年も尚一層のご協力をお願い致します。

この会長日誌に関するご意見

近況

2019年11月25日  月曜日

前回は施設訪問での「現場の声」聞き取り訪問にご協力頂き有難うございました。

近畿ブロック協議会から中央に届け、私たちの代表議員に提出していただきます。

どこの施設も現場の問題は共通しています。診療報酬に関してやらなければならない業務に奔走しているのが現状です。基本的看護を発揮出来ないことへの虚しさを話してくれました。「看護がどこかへ行ってしまっている」こんな言葉も聞きました。現在のこの状態はどうしたらいいのでしょうか?業務改善は当然、発想の転換が必要?一人一人が日夜考え努力をしている現状がわかりました。

本当にどんな方法があるのでしょうか?

さて皆様はスローガン募集について応募していただけましたか?

締め切りが迫っています。11月30日となっていますので頑張ってください。

ナイチンゲール生誕200年を記念して日本看護連盟がスローガンの見直しも提案されています。看護の力で健康な社会を!とNursingNowの運動も展開しています。

看護に対する誇りを忘れずにしっかりと仕事を果たしていきたいものです。

平成16年南野知恵子参議院議員が三期当選を果たしています。現在のスローガン「ベットサイドから政治をかえる!」が出来ました。そして

平成17年連盟のリホームが当時の連盟会長見藤隆子先生のもとに実施されそれまでの支部から各県が独立して活動を開始しています。時代の変化でスローガンも変更の声が出ました。時代に即したスローガンを考えてください。

日頃の看護連盟活動にご協力感謝いたします。

 

この会長日誌に関するご意見

施設訪問にご協力のお願い

2019年11月1日  金曜日

皆様、収穫の秋を迎えていかがお過ごしでしょうか?

前回、施設訪問についてお願いさせて頂きましたがいよいよ本部からの課題が出ました。本部の「現場の声活用促進委委員会」より看護管理者に対する「現場の声」聞き取り調査の依頼がありました。看護管理者の皆様が、日〃の現場で困っていること、課題等について聞き取り調査を行うことになりました。昨年度に続いて施設訪問を行い看護職の労働環境改善の看護政策に繋げて頂くように、この結果を4人の看護職国会議員にお伝えします。

さて 10月25日・26日兵庫県近畿ブロック担当で看護管理者等政策セミナーが開催されました。

和歌山県からは6名が参加しました。ねらいは①看護管理者・看護教育者等として、看護を取り巻く諸問題を共通理解する。②看護政策の提言と実現に向けた取り組みや方策を理解する。私としては看護協会員でもある連盟会員の日頃の活動を確認し、より一層看護管理者の協力を得られることが一番の目的として日々努力しています。1番に日本看護協会 伊井久美子副会長から「日本看護協会の看護政策について」と題して講演がありました。続いて日本看護連盟 西城嘉子副会長からは「日本看護連盟の現状と課題」の話がありました。私達看護連盟会員としては両氏の講演に元気を頂き更に努力することを確認できました。26日は政策研究大学院大学 島崎 謙治先生による「医療政策の動向と課題」について詳しく講演がありました。日本の少子化と高齢社会に対しての備え、いわゆる2040年問題、特に「団魂の世代」が75歳を迎える2024年から2034年85歳に達する時の社会保障について、また私達医療及び介護に関して、これから先の政策について関心を持つことの大切さを詳しく解説していただきました。昨今、医療制度改革について地方で決められることが増えています。その為和歌山県看護連盟として今年度の事業計画に地方議員との交流を掲げています。しっかりと現場の声を議員に届けていきたいと考えています。役員・支部長及びや施設の看護管理者の方々の力で和歌山県看護連盟の活動を支えて頂き感謝です。あとは国会議員 石田まさひろ参議院議員、木村弥生衆議院議員、

西村康稔朱議員議員による国政報告がありました。この内容についてより詳しくはご連絡いただければ資料をお渡しできます。11月は「現場の声」聞き取り調査のための施設訪問にご協力おながいいたします。

この会長日誌に関するご意見

役員・委員会委員合同会議開催しました。

2019年10月24日  木曜日

皆様、お変わりありませんか。キンモクセイの薫る本格的な秋を迎えてあの酷暑が懐かしく感じる今日この頃です。

それにしても今年の気候変動には驚かされることばかりが続いています。先の台風19号で被害を受けられた地域の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

さて、9月の合同会議は少し石田議員の選挙を終えてホットしました。今回は日本看護連盟60周年記念事業にあたって表彰者の推薦やまた来年度の総会に向けスローガンの見直しなど本部からの検討指示が出されています。より多くの意見を出し合って和歌山県としての意見を届けたいと思っています。

また今月は近畿ブロック看護管理者等政策セミナーが担当県の兵庫県神戸市で開催されます。和歌山県からは6名が出席します。新しい情報と活動について理解を深められることと思っています。

そろそろ来年に向けて、今年度の事業計画について具体的に進めなければなりません。第1番に目標の会員獲得1500名、賛助会員150名、学生会員を増やすための行動について検討しています。各支部長の協力が必須です。選挙で学んだ日常活動が問われます。情報を出来るだけ多く発信するために機関紙「れんめい和歌山」やホームページの更新、それにもまして支部長さんをはじめとして県役員が行動することが重要です。現職の役員は自分の職場で一人でも多くの会員を!そして県3役としてももっと施設訪問に努力しなければならないと考えています。ご協力お願いいたします。

審議事項として例年開催しています「年賀会」をステップアップしてはとの意見から「新年交流会」として青年部指導の内容とすることを検討しています。また新しく和歌山県看護連盟の歴史を入れて会員獲得のための冊子(パンフレット}を広報部中心に作成することも決まりました。期待してください。どうか皆様のご意見を頂きますようお願いいたします。

この会長日誌に関するご意見

9月 初秋

2019年10月2日  水曜日

9月を迎えて選挙活動も一段落し少し気候も落ち着いてほしいところですが連日のように暑い日が続いています。皆様体調を崩されていませんか。

和歌山県看護連盟として9月は次のような活動がありました。一般社団法人和歌山県介護福祉士会の井端智子さんと面談させて頂きました。連盟からは上田副会長、川村青年部運営委員長も同席し情報交換をしました。介護現場の問題から組織力を育て働く職場環境改善のための努力について等を話会いました。介護職としての行事、連盟活動特に青年部の行事との連携が取れるところで協力出来たらと提案しました。

今月は近畿ブロック会議臨時会長会が開催されました。会場の大阪府看護連盟が新しい事務所になりました。これまでの看護協会会館ナーシングアートから引っ越しされ次の住所になりました。

大阪市東成区中道3丁目15-16 毎日東ビル302

TEL (06)4308-5215

FAX    (06)4308-5216

環状線玉造駅から歩いて5分のとても便利なところです。

議題の主な事項は中央役員会報告の中から 連盟創立60周年に関してまた来月計画の近畿ブロック看護管理者政策セミナーについて 来年度総会におけるスローガンの検討などでした。長く続いてきた「ベットサイドから政治を変える!」連盟のスローガンについて時代の変化に応じたものに変えることを提案されました。皆様いかがでしょうか? 来年の総会に向けて募集があると思います。皆様のご意見をお寄せください。

今月の役員・委員会員合同会議では全連盟会員対象の意識調査実施や「現場の声」募集特に良い解決事例があればとの内容でした。結果が楽しみです。全国まとめが出る事でしょう連盟会員としての自覚が問われます。

また、今年度第1回目の看護協会看護連盟の合同研修がありました。日本看護協会専務理事の勝又浜子氏で「日本看護協会の取り組みと看護連盟との連携」でした。現場で起こるいろいろな問題の解決策として協会の重点事業があり、事業の実現のための政治力につなげる働きをする連盟活動つまりは政界に代表を送ること。その代表議員が看護問題の解決を政策決定の場で進展させられるように、日々の看護連盟の政治活動があり、そして選挙活動に繋がるお話でした。連盟会長として大切な連盟活動を日頃支えて頂いている支部長その他連盟役員の活動に各職場の看護管理者の皆様にご協力をお願いします。

今回統一選挙活動を通じて日頃の政治活動の大切さを知り、連盟の活動を出来るだけ多く皆様にお知らせしご協力を頂かなければとの思いを強くしました。

定例の近畿ブロック会議も開催され新しい大阪府看護連盟事務所に各県3役員が出席しました。

ここでは青年部ブロック会議開催に関して議論がありました。連盟として青年部に期待するところです。臨時会長会の内容でもう一度検討しました。いろいろと皆様のご意見を頂かなければなりません。ご協力お願いいたします。

 

この会長日誌に関するご意見

石田まさひろ参議院議員をお迎えして

2019年8月30日  金曜日

8月27日(火)白浜空港に石田議員をお迎えし、雨を心配していましたがほとんど曇り天気で傘をさすこともなく予定どうりの施設にお伺いをしました。白浜はまゆう病院では看護部長さんをはじめ職員の方々に直接選挙のお礼を述べ、さらに日頃の連盟活動にご協力をお願い致しました。会議室からの白良浜を見渡せる素晴らしい景色に感激、ここで働く職員と入院患者にとても力になっているのでは?などと考えてしまいました。

続いて国立病院機構 南和歌山医療センターへ伺いました。看護部長、副看護部長両氏と面談させていただきました。病院の現状も詳しくお話頂き石田議員の議員活動につなげていただけますでしょう。

その後、紀南病院にお伺いしました。ここでも多くの職員さんが集まっていただき石田議員からのお礼と現場の問題を聞き、議員との握手で議員に対する近親感をもっていただけたと思います。さらに同じ系列の紀南看護専門学校に伺いました。やはり教員数不足を話され、教育カリキュラム変更についても議員の考え等短い時間でしたが話し合う機会になりました。学校玄関では数人の学生とも議員が握手して国家試験に向けて激励していただきました。最後に県看護協会で会長様はじめ連盟役員も集まっていただきました。協会会長からは全国教育学会の成功をお話しいただきました。

今回身近に議員とお話しできる機会を作っていただき感謝です。現在紀南地区は広範囲ながら会員が少ないところです。より活発な連盟活動で看護の職場改善が出来る環境作りをしていきたいと考えています。計画していただいた紀南支部長はじめ先導役をかっていただいた青年部、広報部、協力頂いた紀南・紀中地区連盟会員の皆様有難うございました。

この会長日誌に関するご意見

石田まさひろ参議院議員来県

2019年8月22日  木曜日

まだまだ猛暑が続いていますが皆さまお元気でしょうか?

先に石田まさひろ参議院議員来県についてお知らせしていましたが、行程表が決まりました。

8月27日(火)11時40分 南紀白浜空港(和歌山県西牟婁郡白浜町才野)

13時    白浜はまゆう病院(和歌山県西牟婁郡白浜町1447)

14時    国立病院機構

南和歌山医療センター (田辺市たきない町27-1)

14時30分 社会保険紀南病院(田辺市新庄町46-70)

15時    紀南病院看護学校(田辺市湊663

15時30分 和歌山へ移動

17時    和歌山県看護協会(海南市南赤坂17)

18時    和歌山県看護連盟事務所(和歌山市太田4-11-18

リベラルパレス太田501

以上の予定が決まりました。是非、石田議員と直接お会いしてください。

皆様、お待ちしています。

そして、常に「現場の声」にかかわらず連盟にご意見頂けたら嬉しいです。

この会長日誌に関するご意見

第2回県役員・委員会委員合同会議を終えて

2019年8月6日  火曜日

皆様、猛暑の日が続いていますがお変わりありませんか?こんな暑い中8月2日(金)、会議に出席いただき選挙結果を互いに喜び会いました。引き続き反省を行いました。メンバーから多くの意見を頂き今後に生かすことが出来ます。しかし、選挙、間もなくいろな計画が目白押しです。まずは8月27日(火)石田まさひろ議員が礼のために来県されます。県内くまなく回っていただきたいのですが今回は、半日ということで紀南支部、田辺地区の施設を訪問していただきたいと計画いたしました。最後は県看護協会によることを希望されています。是非、石田まさひろ議員との面会を希望される方はご一報ください。詳しい行程表をお知らせします。その時間と場所にお越しいただきたいと思います。

今年も日本看護連盟主催の県別会議が11月22日(金)に和歌山県は昨年と同じ橘ビルにて開催されます。このための現場の声のアンケート、全看護連盟会員の意識調査、これもた各支部長さんたちの協力なし無しにはできない事ばかりです。本当に支部長さんには感謝の一言です。有難うございます。

私の理想「楽しい連盟活動」の実現には会長職としてどのように運営すればよいのか中身のない頭を常に使っているつもりですが・・・・。

皆さんのご意見を聞かせて下さい。

 

この会長日誌に関するご意見

第25回参議院議員選挙を終えて

2019年8月5日  月曜日

7月25日投票日当日,願ってもないお天気なり、雨なく曇り空、カンカン照りの続いていた暑い日でもなくこれで投票率が上がるのではないか?と期待しましたが・・・・・。結果はまづまづ、石田議員の当選を実現することが出来ました。近畿ブロックにおいても出身?兵庫、大阪、京都、滋賀、和歌山も前回たかがい選挙よりも伸ばすことが出来、評価していただきました。特に2県が全国のトップ10に入り、まずは、一安心、続いて反省会を持ち今後の選挙活動に生かすための資料を残さなければなりません。それにしても支部長さんの役割の大変さがいつも感じ感謝していますがまたしてもこの選挙活動で頭の下がる思いを待ちました。言い換えれば連盟会員への働きかけは支部長さんがカギを握っていること、そして、日頃の人々とのつながりが選挙には欠かせないことを先輩会員から教えて頂きました。和歌山県については早くから石田議員応援の担当県会議員さんに協力を働きかけました。その結果石田議員の乗らない街宣車についても演説をして頂きアピールできました。また、青年部の皆様の協力がなによりでスムースに予定を終えることが出来ました。反省としては施設の連絡委員(以前施設リーダー調査を行いましたが・・・)

との連携がうまく機能していなかったのでは?また代表者の方達に日頃からの働きかけと連絡委員の方々との連携体制に反省点があるのではないか?現在支部組織が支部長一人に何もかもお願いしていることに問題があるのではないか?等、皆様のご意見をお聞きしなければならないとの思いがしています。

過去の「れんめい和歌山」を紐解いてみると見藤 隆子連盟会長のころから期日前投票で全員投票をしようの記事が上がっています。会員一人一人が期日前投票の意味を理解し、会員一人が2人以上の仲間に投票を依頼出来たら全国30万、和歌山5000も夢ではなったのではないかとの反省しきりです。日常、会議だけでなくその他の機会を通して県役員・幹事が会員一人ひとりと、もっと密に意見交換できる方法を考えたいと思います。ご意見お寄せください。お願いします。

 

 

 

 

この会長日誌に関するご意見