会長日誌

役員・委員会委員合同会議開催

2020年9月11日  金曜日

朝夕は少し涼しくなってまいりました。皆様にはお変わりなくお過ごしの事と思われますが、いかがでしょう。新型コロナに関しては和歌山県発生ゼロの日が多くうれしい限りです。こんな世の中ですが政局はいろいろと変化しています。連盟会員としてどう行動すべきかを考えることが多く何かと気ぜわしい今日この頃です。

さて、今年度第5回役員・委員会委員合同会議を開催いたしました。前回から看護協会の会場をお借りしての開催です。午前の三役会議から続けてお借りすることが出来ています。新支部長さんも交えて委員会活動を中心に会議を再編成することになりました。情報の伝達・交換に続いて委員会での討議を行い連盟活動の意義を深めればと考えました。それぞれの委員会で具体的活動がわかり、達成することでやりがいにつながると考えました。会議での時間配分の変更を提案させていただきました。全員の賛成を得ることが出来ました。今後、もっと具体的で楽しい連盟活動になるよう皆様の意見を頂きながら進めていければと思います。

次に三役の動きです。9月8日新しくできました新宮・串本支部の施設訪問をさせて頂きました。くしもと町立病院の佃さんを中心に那智勝浦町立温泉病院、新宮市立医療センター、そして和歌山県なぎ看護学校を訪問させていただき現場の声や情報を聞かせて頂きました。それに今回は岩橋副会長の紹介で病院や訪問看護ステーション以外の福祉施設の看護職と交流を持つことが出来ました。そこに働く看護職との交流で日頃の連盟活動の視点が広がったと感じました。NursingNowの掲げる「看護の力で健康な社会を!」を達成するために病院や訪問看護ステーションに働く看護職だけでなく施設に働く看護職と協働することの重要さを認識し、連盟活動に繋げなければならないと感じました。地域住人として行政に関心を向け、今年度は各地方議員さんとも交流を持つことを目標にしています。帰路三役で反省会を持ちこれ以外にも串本・新宮支部での研修開催の必要を話し合いました。今後、検討していきます。皆様のご協力をお願い致します。

この会長日誌に関するご意見

近況

2020年8月27日  木曜日

酷暑続きの毎日です。会員の皆様、特に臨床で新型コロナウイルス感染症に関して配慮しながらの毎日は本当に大変なご苦労と想像しています。先日、有田丸山支部長の協力で、済生会有田病院と県立こころの医療センターを小泉幹事長と訪問させていただきました。済生会有田病院小原看護部長さんとお会いできました。新型コロナ感染症に対する対応について具体的にお話を聞かせて頂き、やはり看護職としての業務範囲の大変さを認識することになりました。そして何より連盟活動についてこれまで以上にご協力をいただく事になりました。続いて県立こころの医療センタ―の訪問でも北垣看護部長さんにご挨拶と支部役員をお願いしました。いづれも日頃の丸山支部長の働きに対する各看護部長さんのご協力と本当に感謝しています。丸山支部長さんも支部組織確立が出来ホッとしています。副支部長はじめ支部役員が出来これからの支部活動が楽しみです。

さて、新型コロナウイルス感染症に関して連盟として要望書提出から具体的に看護に対する処遇がどのように動いているかが気になります。かつてご指導をお願いしていました県医務課 尾崎看護班長さんにお尋ねしました。県ホームページに掲載しているとのお返事です。すでに各施設においては事務局中心に申請書の作成が終わっていることと思われますが、医療職の中でも一番多い人数の看護職についてどのように手続きがなされているのか少し気になるところです。県ホームページ以外にも県庁メールマガジン「わかやま通信」の知事メッセージでも情報は得られ勉強させていただいています。連盟会員として行政に関心を持ち、日頃の政治活動につなげていくことが大切であることを、この厄介な新型コロナウイルス感染症で再度得ることが出来ました。

世の中は新型コロナウイルス感染症と共存していくために、今後の生活をどのように変化させなければならないのでしょうか?連盟活動のみでなく、あらゆる面で皆様と一緒に考え、話し合っていきたいと思います。ご協力お願い致します。

 

 

この会長日誌に関するご意見

議員事務所訪問から連盟活動を考える

2020年7月28日  火曜日

まだまだ新型コロナ感染症に関して収束の兆しは見えません。それどころか東京都だけでなく和歌山県における発生者数も減少どころか増え続けています。爆発的ではないにしろ今後が不安です。

さて、看護連盟の活動として、今は議員さんの協力に期待し、看護職が報われるようにご協力をお願いしています。7月20日和歌山県岸本 健県会議長に協力のお礼とお願いをかねて三役で訪問いたしました。去る5月14日議員による「新型コロナ感染症に関する現場の声聞き取り」でいろいろと話し合いを持ちましたが今回やはり議員にはもっと看護職としての現場の声を伝えなければならない事、これこそ連盟の活動でなければと思いました。直接、現場の声を伝えること、議員からの働きかけを期待しているだけでは解決につながらないことが今回の感染症ではっきりと学べました。また、連盟会員が議員活動について理解することの重要性についても学習しました。まずはその為に議員を講師として研修会を開催し、お話を頂くことに致しました。まず、今回は、和歌山県自民党山下幹事長と岸本県議会議長にお願い致しました。連盟幹事(支部長・委員会委員)対象に「議員の政治活動について」ご講演をお願い致しました。是非、選挙活動の無い今年度にしっかりと議員活動について理解し職能代表議員の活動を応援する連盟としての役割について幹事の役割を皆様と考えてみたいと思います。

続いて、7月27日、自民党幹事長の二階俊博議員の御坊事務所を三役で訪問しました。

石田参議院選挙でのご協力のお礼と今回の新型コロナ感染症に関して大島連盟会長が二階俊博議員に直接お会いし、ご協力頂いたことのお礼を申し上げました。対応していただいた秘書からは看護職に対する慰労と政策についてのご意見も頂きました。また、現場を抱える副会長からは制度上の問題について納得のいかないことなども提案し、関心をもってお聞きいただき、時間が過ぎるのも忘れて意見交換が出来ました。毎日、三密を避けての現在の連盟活動ですが一日も早い収束を願うばかりです。

この会長日誌に関するご意見

新体制で出発!

2020年7月15日  水曜日

看護連盟会員の皆様へ

総会終え三役の役割を決めました。次回、「役員・委員会委員合同会議」で皆様にお会いできることを楽しみにしています。新型コロナウイルス感染症の為、連盟本部からの連絡は今のところ届いていませんが、7月6日和歌山県看護連盟として、三役全員で自民党和歌山県連合会幹事長へご挨拶と今回の新型コロナ感染症に対する看護職への県会のご協力に対するお礼を伝えることが出来ました。そこでは現場を持っている副会長さんたちが生の声を伝えることが出来ました。そして、直接議員からの話を聞き、看護としても伝える事の大切さを実感することが出来ました。今年度の事業計画にも入れていますが、「看護を考える部会」の議員との交流をしっかり進めなければと思います。7月20には県議会議長室訪問を計画しています。各支部に於いても地区選出の議員、まずは県会議員との交流を計画してしっかりと現場の声を伝えて頂きますよう、また看護職のみでなく地域の問題にも意識したいと思います。NursingNowです。自民党推薦の地方議員との交流がやがて私達看護職の代表の選挙に繋がります。前回25回参議院選挙では大変力強い応援を議員からいただきました。次回26回参議院選挙の準備がそろそろ始まります。総会での先輩の発言にもありましたが連盟活動は日頃の人間関係で人から人の交流が大切とのことを前回選挙で私自身も実感しました。現場を持ちながらの連盟活動の大変さも理解します。今後どのように活動を進めていくのがよいかを「役員・委員会委員合同会議」で話し合いたいと思っています。

 

 

この会長日誌に関するご意見

令和2年度通常総会を終えて

2020年7月6日  月曜日

皆様、その後いかがお過ごしでしょうか、報告が遅くなりましたが無事皆様のご協力で令和2年度通常総会を終了することが出来ました。有難うございます。

今年度は新型コロナウイルス感染症の為、会員の出席者数を制限させていただきました。三密を避けるための方策として式典をなくし来賓者の御出席でなくメッセージを頂き会員のみによる総会とさせていただきました。今年度はすべて報告事項として支部長を含め全役員が報告し、皆様との充分な質問と感想を発言していただきたく会の進行の変更をさせて頂きました。参加者は役員(県幹事25名)以外の出席は29名委任状は1129名合計1185名でした。新しく2名の副会長、幹事長が決まりました

質問としては今年度支部組織検討委員会による支部規約・細則を提案させていただいた件で、支部役員2名以上置くことについて、また和歌山第1、第2、第3支部について和歌山を合同にしてはとのご意見を頂きました。特に看護協会の組織との比較で合同することによる組織強化がはかれるのではとの提案でした。このご意見については協会と連盟の役割の違いがあり上からの指示ではなく各支部それぞれが活動する必要があり、合併して大きくするのでなく、小さいグループで、むしろ顔の見える関係が大切、力を合わせて活動し易いこと、会員が会員を広げていくことが大切との意見を頂きました。

私も常に連盟は支部長中心による活動が中心と思っています。支部役員が複数で活動することにより一人でも協会会員が連盟活動に参加していただけるように働きかけることが出来るのではないでしょうか?役員・委員会委員合同会議で話し合いたいと思います。

今年度、また広報委員会を中心に「和歌山県看護連盟史」を作成いたしました。

是非、ご活用ください。

過去、先輩により多くの職場改善がなされました。林 塩参議院議員をはじめとして、過去多くの議員活動で看護師の待遇改善がなされました。このことは連盟会員一人ひとりの活動で達成できた事を今更のように思い返しいます。かつては看護協会員が連盟会員であったころが懐かしく思われます

昨年より看護協会と連盟がナイチンゲール生誕200年を記念して始まった「NursingNow」看護職のみにとどまらず「看護の力で健康な社会を」の実現に向けて運動を展開しています。協会員と共に一般社会に看護職として貢献できたらと思います。

まだまだ感染症に対する対応について気を緩めるわけにはいきませんが新しい役員に昨年度に引き続き会員の皆様のご協力をお願い申し上げます。

 

この会長日誌に関するご意見

令和2年度総会を控えて

2020年6月8日  月曜日

相変わらづ真夏日のような暑い日が続いています。

山は濃い緑に代わり、郊外では田んぼに水が張られ、田植え風景が広がっています。世の中はまだまだコロナ関連情報がマスコミから日々続き、直接、病院勤務の場面では、過去に臨床を離れた私には想像以上の数々の問題が発生していることと思われます。県はじめ国会の多くの関係議員さんには大変お世話になっています。その結果は第1次補正予算での計画に加え引き続き第2次補正予算について検討していただきました。前回でお知らせ致しましたが、福祉も含め医療職員すべての方々に慰労金が支給されること、そのためには申請書が必要であること、このことに関して和歌山県看護班長さんにはご指導をお願いしているところです。わかり次第お知らせ致します。

さて、6月の役員・委員会委員会議を6月5日に開催いたしました。そして、令和2年度総会について最終確認を致しました。今後、様々の会議開催についても検討する必要があります。今までの形で開催することが適当なのか、コロナ以後のことを考えどんな方法がいいのか、皆様のご意見をお聞きしたと考えています。

時代の移り変わりに即応するためには、やはり若い会員さんの力が必要です。ここでも和歌山県看護連盟の青年部運営委員会の皆様の協力が必要です。

大いに期待しています。機関紙「れんめい和歌山」第64号も青年部の皆様のセンスが生かされました。是非お読みください。

和歌山県令和2年度通常総会はコロナの関係上縮小開催となりましたが総会時以外でも、いつでも結構です。このホームページ上にもご意見をお待ちしています。

日本看護連盟の令和2年度通常総会は11月30日(月)東京プリンスホテルにて縮小、且つ代議員での開催と決定しています。

今後さらに看護協会と連携し大いに連盟活動を活発にしていきましょう。

ご協力お願い致します。

 

この会長日誌に関するご意見

COVID=19のその後

2020年6月1日  月曜日

季節は確実に移り、はや梅雨入り宣言が聞こえてくる今日この頃です。

会員の皆様、ご健康にお過ごしでしょうか?

コロナに関して緊急事態宣言中、、本当に色々な事が起こりました。

幸いにも、和歌山県仁坂知事の指導のもと2次発生には至っていません。しかし、多くの解決しなければならない問題や今後の対応に一人一人がしなければならない事、またできる事等が在ります。特に看護職に関係しての問題について看護協会、看護連盟からの要望について自民党県連の議員の皆様や県選出の衆議院議員・参議院議員の各先生方には大変なご協力と励ましを頂きました。

さて、5月28日、日本看護連盟大島会長より直接電話連絡を頂きました。二階自民党衆議院幹事長に大変なご協力頂き、第2次補正予算で看護職に慰労金が支給されること、それだけでなくすべての病院や訪問看護ステーション、在宅施設等にもそれが実現したとのお知らせでした。そして、和歌山県の日頃の連盟活動、支部長中心に各連盟会員としての活動を評価していただきました。これを励みに 昨年度に引き続き地方議員はじめ国会議員との交流を大切にして、看護に対する理解を深めて頂く活動を今年度も続けていきたいと思います。会員の皆様のご協力に感謝します。日頃の活動が大切です。今後も気を引き締めて連盟活動を理解し、頑張りましょう。有難うございます。

この会長日誌に関するご意見

最前線で働く臨床看護師さんへ

2020年5月15日  金曜日

今年は新緑の季節を味わっている余裕もなく真夏のような暑さがやってきました。世の中はまだまだ新型コロナウイルス感染症対応で大変な日々です。

昨日、5月14日 和歌山県会議員5名の皆様が「新型コロナウイルスによる影響及び需要等の聞き取り調査」で是非現場の声を聞かせて頂きたいとの要望を受けました。各支部長さん方からは情報いただき、現場大変な中、那賀地区灘井支部長、有田地区丸山支部長、紀南地区澤越支部長にも出席していただき、直に現場の様子を聞いていただきました。もちろん日本看護協会・日本看護連盟からは詳しく政府に要望は出していますが、身近な地方議員の方々に聞いていただいたのは連盟活動の一環として、昨年度に引き続き議員との交流で良き機会を得ました。県からは紀北の岩田議員、那賀の川畑議員、有田の山家議員、そして看護を考える会の山田議員、自由民主党和歌山県支部連合会幹事長の山下議員、さらに世耕参議院議員秘書の谷野氏が来所され、活発に話し合う事が出来ました。議員からは、地方の有志の方々から臨床で頑張っている看護職に対する応援活動を紹介していただきました。今、これまでになく医療職に対する関心が高くなっています。特に看護職としての評価をさらに高める機会になるのではないでしょうか?昨年来キャンペーンを展開しているNursingNow、ナイチンゲール生誕200年に合わせて、今こそ看護の原点を想い活動することです。

看護協会ホームページに詳しく「新型コロナ感染症対応地方創生臨時交付金」についての情報が掲載されています。先に和歌山県としても看護協会古川会長と共に自民党県連に要望書の提出をおこないました。

もう少し気を緩める事が出来ませんが頑張りましょう!

この会長日誌に関するご意見

看護職の皆様へ

2020年4月21日  火曜日

日夜新型コロナウイルス感染症で奮闘していただいている看護職の皆様へ、

前回の日誌から思考錯誤を続けています。看護連盟として何らかの働きが出来ないか、また起こさなければと思い続けてけていましたところ、日本看護連盟 長沢常任幹事よりお電話を頂きました。日本看護協会から厚労相・内閣府特命担当相(経済財政政策)に要望書の提出があったことについて看護連盟としても行動を起こさなければとの内容でした。要望書はもちろん、日本看護協会の内容1.新型コロナウイルス感染症対応している看護職に対する危険手当の支給等について2.妊娠中の看護職員の休業に伴う代替職員の確保について です。詳しくは日本看護協会・及び連盟のホームページをみていただきますようお願い致します。早速、和歌山県として自由民主党 幹事長の二階俊博衆議院議員へ村上秘書様を通じてお力添えをお願いさせて頂きました。そして、自由民主党和歌山県支部の吉井幹事長と県医務課へは和歌山県看護協会の古川会長様と要望書を持参してお願いに上がりました。現場では、職場環境に加え医療用品など問題が多発していることと推察します。

まだまだ先が見えませんが臨床の現場看護職はじめ医療職の皆様のご苦労に感謝申し上げます。

昨年は平時の現場の声を聞かせて頂きました。今回のような現状での現場の問題も想定しておくことの重要性を痛感します。今は国・県から出される緊急事態措置に基づきだされた指示1.外出を出来るだけ自粛すること、2.県外との交流の抑制、3.集団生活を行っている施設での対応、4.県間の人の移動中止等、三密(密閉、密集、密接)を避けることを基本に一人一人が努力することが問われます。

和歌山県看護連盟としても月1回の役員・委員会委員合同定例会議5月開催を中止します。三役会議だけを実施して、6月総会の下準備にかかりたいと考えています。6月21日の総会についてもできるだけ小人数で三密を避け、会員のみにて行いたいと考えています。できれば委任状をご提出いただきたくお願いいたします。

昨年の総会後、25回参議院議員選挙に続き、今回の新型コロナウイルス感染症と慌ただしい一年が過ぎようとしています。6月21日の総会が無事終われますようご協力をお願い申し上げます。

 

この会長日誌に関するご意見

新型コロナウイルス感染症

2020年4月8日  水曜日

桜満開、花々が咲き誇る良き季節になりました。会員の皆様いかがお過ごしでしょうか?残念ながらこの良き季節を充分に味わうことが出来ないのは本当に残念です。特に臨床の現場では大変な問題が起こっていることと想像します。

さて、過日 門 博文衆議院議員後援会より新型コロナウイルス感染流行鎮静祈願祭開催のお知らせを頂きました。和歌山市の護国神社に於いて実施し、「和歌山県看護連盟」として参列させていただきました。個人的には三密を避けること、手洗いマスクの装着は実行できますが看護職として何かできることがないかとの思いがしていました。ほんの少しですが良い機会を頂いた気になりました。一日も早い収束を願うばかりです。

まだまだ収束には向かっていない今日この頃ですが、連盟としても今年度の定期総会に向け準備に忙しい時期です。日本看護連盟としての開催については縮小・延期のアンケート以外何も具体的情報が出ていませんが、和歌山県としては予定している6月21日(日)例年通りプラザホープにて出来るだけ縮小の型で開催します。ご案内のお知らせを発送しました。ご協力をお願いたします。

この会長日誌に関するご意見