会長日誌

日本看護連盟総会に参加して

2019年6月21日  金曜日

本部総会に参加させていただきました。前日会場入り近畿ブロックの会長さんたちと夕食を兼ねて選挙に関した内容で話し合いをしました。担当の長沢幹事 尾形幹事から説明を聞き、特に兵庫県春江会長会長さんの今回のご苦労には同情し頑張っていただきたい事と協力できることがあればとの思いになりました。振り返って当和歌山県のこれからの活動について考えると、しなければならない事が頭の中を駆け回っています。

総会では草間会長の挨拶で「数は力」「質が力(自律・成熟した会員の力)」と題してこれからの看護職としての働きについて示唆がありました。特に看護協会の総会でも感じたところですが看護師・保健師・助産師の三職能が連携して働くことの大切さを強調されました。また、Nursinngu Now(看護の力で健康な社会を!!)を強調されました。そして、第25回参議院選挙に向け、会員の力を結集してまいりましょうと結ばれました。多くの来賓者を迎え祝辞を頂き、新名誉会員の紹介に引き続き、議長による報告事項がスムーズに経過し、退任役員と新任役員の紹介がありました。現草間朋子会長に代わって「フリージアナースの会」会長大島敏子新会長さんに、そして草間朋子氏は顧問に就任していただきました。総会後石田まさひろ議員の決起集会があり大勢の自民党国会議員がご参加くださいました。兎に角、目の前の選挙活動に力を発揮しましょう。みんなで喜び合える日のために!

 

日本看護協会総会に出席しました。

2019年6月11日  火曜日

いよいよ7月が目の前です。心の準備と頭の整理が出来かねています。皆様のご協力で何とか県総会の準備が整いつつあります。やっと総会要綱の本刷りにこぎつけました。有難うございます。皆様に感謝です。 こんな中、日本看護協会の総会に行かせていただきました。日本看護協会の基本理念、福井協会長の挨拶「看護の力で健康な社会を」Nursinng Nowに始まって、活動報告や事業計画等について説明と討議がありました。今回の総会は職能集会も一堂に会し、まさに包括で同会場で各職能の活動を聴くことができました。広い情報を得るとともに、看護行政に関しても知識を深めることができました。この情報と知識を連盟会員として、今後の連盟活動、会員獲得に生かせると感じました。医療関係機関との連携の上、進められている全世帯型地域包括システム、地域共生システムモデル事業等について等も勉強不足を感じる2日間でした。特に会場からの質問では現場の具体的問題が取り上げられ、それに対する協会の重点事業との関連回答から連盟の役割を再認識する機会になりました。総会終了後、石田議員応援の為清水加代子訪問看護財団理事長より挨拶がありました。会場から大きな拍手が起こり、仲間の強い力を感じました。

さて、日本看護連盟総会6月14日、県看護協会総会6月22日、県看護連盟総会6月23日、と続きいよいよ7月4日を迎えることになります。それまでの活動とその後の作業、そして迎えられる喜びの日のためにともに頑張りましょう。

5月合同会議を終えて

2019年5月15日  水曜日

会員の皆様

今年の天候は全く予想ができません。夏日かと思えば一か月も戻る等、ここ和歌山県においても朝夕や地域でなかなか予想が難しい毎日が続いています。報道では北海道の乱高下には驚かされます。

さて、地方選挙が終わり、いよいよ私たち看護職の代表石田まさひろ参議院議員の選挙が迫ってまいりました。支部長さんはじめ役員一同、日夜奮闘しています。具体的には後援会名簿集めに拍車をかけ、次はその人々に投票行動へとにつないでいただくために親会員と子会員との連携をとっていただく、石田まさひろ議員の高位当選の日まで頑張りましょう。和歌山の地方選挙では投票率が43%位でした。看護職だけでも必ず投票に行き権利を行使して意思を示しましょうましょう。

私としてもできるだけ施設訪問を実施して皆様にお目にかかり協力お願いしたいと考えています。

国会議員はじめ地方議員の方々にも石田まさひろ議員の後援会入会をお願いしています。

あと、残すところ2カ月余りです。一緒に頑張りましょう。

4月2日

2019年4月4日  木曜日

昨日 エイプリルフールですが皆さま楽しいウソに出会いましたか?

新しい元号「令和」

希望の時代が来ることに期待を持ちましょう。

相変わらず寒い日が続いています。この寒さに負けないでと思いながら私老体に鞭打ち連盟事務所へ通っています。先月28日、近畿地区ブロック会議がありました。なお一層連盟活動に力を入れなければなりません。内容は総会の準備、私たちも県の総会に向け準備のと時です。どうか皆様のご指導、ご協力宜しくお願いします。

3月

2019年3月14日  木曜日

3月1日(金)いよいよ選挙に向けての緊迫感あり。 各支部長さんたちも頑張って施設訪問や地方議員のところへ為書き・推薦状を届け「石田まさひろ議員」の広報をしている。2月21日には東京において「石田まさひろ君と未来を元気にする会」が開催され、全国看護協会会長と看護連盟会長その他関係団体が集まり盛大な会になりました。22日午前には連盟会長研修会があり、午後には再び全国看護協会会長との研修、ワーキングがありました。

福井看護協会長、草間連盟会長、石田まさひろ議員からあとは看護協会員に選挙応援をお願いすること等、各氏からの連盟活動についての指導がありました。地方議員選挙がまじかに迫っています。会員の皆様ご協力をお願いします。

2月役員・関する委員会開催する

2019年2月6日  水曜日

2月1日

第6回役員・関する委員合同会議開催する。

1月19日年賀会無事開催する。会員の協力にお礼と反省点について話しあった。

連盟会員、賛助会員、石田まさひろ後援会入会について引き続き努力することで話し合をした。

1月の行事につては1月26日木村弥生衆議院議員国政報告会に看護協会長も出席いただき講師からは連携で来ていることについて評価していただいた。今後もより良い連携について努力していきたい。

各支部からは研修案内、施設訪問で連盟入会について努力していること、年賀会において地方議員と話し合いができたことの報告があった。

2月は今年度2回目の協会との合同研修2月16日「看護協会と看護連盟の連携・協働の必要性を理解し、看護管理者として効果的に行動できる」が実施予定である。より多くの看護管理者の意識に繋がることを期待する。

 

1月合同会議開催

2019年1月31日  木曜日

1月11日(金)

第5回合同会議開催

1.会長よりお願い

支部活動行う上に連絡委員名簿作成について(部署と氏名の確認)

関する委員は支部長と情報を密にし活動を行うこと

各研修会については役員・幹事・監事含めてそのた度に事務所に申し込みをすること

地方議員の推薦状について説明

2.行事報告

1)12月16日看護協会・看護連盟合同研修結果

参加者139名(会員81・非会員58)

中間管理職以上の参加とアンケート結果は満足度が高い

3.支部報告を受ける

①紀北支部 子会員の加入の働きかけと3月23日那賀支部と合同の研修準備

②那賀支部 紀北支部との研修についてシンポジウム形式で認知症に関する研修

場所は粉河ふるさとセンター

③和歌山第1支部 支部会議の開催方法について検討 施設を変えて会議開催

「石田まさひろを応援する会」に入会呼びかけ

④和歌山第2支部 基礎研修250名 日赤退職者に石田まさひろ議員を紹介し

応援する会入会呼びかけ 2月3日合同研修会の案内

⑤和歌山第3支部 2月3日の合同研修準備 基礎研修

⑥海南・海草支部 施設訪問 合同研修(2月3日)案内

⑦有田支部 合同研修(2月3日)案内

⑧日高支部 12月15日「看護師がリフレッシュ出来て生き生き働けるように』

紀南と合同研修実施(合同95名)

⑨紀南支部 合同研修後アンケート悔過と石田まさひろ後援会入会案内を施設に郵送

⑩個人支部 賛助会員と石田まさひろ入会案内発送予定

4.協議事項

1)年賀会の準備について確認

2)支う研修についての取り決めについて

3)3月16日石田議員来県日について

2か所で懇親会形式で話し合う事とする(午前 北出病院 午後 ホテルいとう)

4)党員会費については継続審議とする (役員での話し合い規定の4000円が良いのでは?)

5)引き続き「石田まさひろを応援する会」親会員100%に向けて努力すること

子会員の加入についても努力することを話し合う

 

 

 

12月 3役会議開催

2018年12月20日  木曜日

次の議題について検討

1・11月合同会議における継続議題

①党員会費について

②石田まさひろ議員来県日の開催について

③総会要綱作成委員会の開催について 委員:亀井、小泉、灘井

2・紀南支部研修の報告 次回合同会議で委員会報告あり

3・研修日担当役割について

教育委員会と担当役員(木村第1副会長)との連携

研修時のフォーマットの扱いについて

4・青年部組織について

第1回青年部会議報告から青年部組織編成あり

次回委員会には会長と木村担当役員が出席すること

5・統一地方選挙第1次自民党公認候補者について

推薦状その他選挙管理委員会として担当上田副会長担当

6・その他の行事について

県職との名刺交換会

自民党年賀会

7・1月合同会議議題について

以上について役員会で意思統一する